重要なのはバランスだった!飼い鳥にさせるべき食事の方法

鳥に限った話ではありませんが、食事はとても大切です。
特に重要なのはバランスを取ること。
食べ物を工夫することによって、元気いっぱいの生活を目指しましょう!

 

ミヨちゃん
ミヨちゃん
バランスの良い食事か〜。
最近私偏食気味なのよね〜
偏食はお肌にも良くないのよ。
私は、いつもツヤツヤの羽を保つために色々食べてるわ!
ピーちゃん
ピーちゃん
ミヨちゃん
ミヨちゃん
さすがピーちゃん!

 

飼い鳥が口にするものはすべて代替物

飼い鳥は、当然人間が餌を与えなければ何も食べることができません。
飼い鳥にとって、人間から与えられた食事はすべてが代替物となります。
代替物とはどういうことか、オカメインコを例にして説明していきます。

 

オカメインコは、もともとオーストラリアの限られた地域に生息している鳥です。
その場所に彼らが棲みつくようになったのは、土地の環境がオカメインコという種(しゅ)に合っていたから。

群生している植物の種や木の実…
流れている川の水…

それらに含まれる栄養素が、オカメインコの身体を造り上げるのに適していたからです。

 


※野生のオカメインコ。オーストラリアの限られた土地に生息しています。

 

逆のケースも考えられます。
もともとオカメインコの祖先だった種(しゅ)が、そこの環境に合うように身体が適応して進化していったのかもしれません。

どちらにせよ、その土地でオカメインコが日常的に口にしている食べ物が、オカメインコにとって本当に必要な食事ということになります。

 

しかし、当然野生のオカメインコが日常的に口にしているものと全く同じものをペットのオカメインコに与えることはできません。
シードもペレットも、そのほかの野菜もすべて、オーストラリアで野生のオカメインコたちが食べているものの代替物を与えているに過ぎないのです。
『本来彼らが食べているものはこれではないけど、代わりの食事をあげるね』ということなんですね。

仮に、野鳥たちが食べている野菜と同じ野菜が用意できたとします。
しかし、それはその土地で採れた野菜ではありません。
その土地の土から栄養分を吸収し、その土地で降った雨水で成長した野菜ではないので、結局は代替物ということに変わりはありません。

これは、オカメインコに限らずどの鳥でも同じことが言えます。

 

ピーちゃん
ピーちゃん
私は代々木公園の木の実や草花の種を食べているわよ

 

まんべんなく、色々なものを食べさせる

代替物に過ぎない食事を、より『本来の食事』に近づけるには、まんべんなく様々な食べ物を与える必要があります。

その鳥にとって本当に必要な栄養素が何なのかを私たちは知ることができないのですから、できるだけ様々な栄養素を摂取してもらわなければ、本来の食事に近づけることはできません。
代替物を、いかに本物に近づけることができるかが大切となります。

ネットの記事を見ると、アレもあげてはダメコレもあげてはダメと、間違ったことが色々と書かれていますが、実はあげてはいけない食べ物はそれほど多くはありません。
与えても問題ない食べ物、与えてはいけない食べ物はリンク先でお伝えしていますのでご参考ください。

 

 

与えても問題ない食べ物を確認して、毎日複数種類与えるあげることが大切となります。

 

果物と野菜、どちらが安全?

ところで、鳥から見たときに、無害なものが多いのは果物と野菜どちらだと思いますか?
実は、果物のほうが鳥にとっては無害なものが多いのです。

果物は、もともと鳥を含め野生の動物にタネを運んでもらうために実をつけています。
実と一緒にタネを飲み込んだ鳥が、遠く遠くへ飛んでいきフンをする。
タネは消化されずにフンと一緒に体外に排出され、そこで発芽をします。
こうして果物はタネを撒いてもらうことに成功するのです。

つまり、鳥はタネの運び役です。
鳥にタネを運んでもらうためには、美味しくて安全な果肉をつけておかなければなりません。
もし果物の実に危険があれば、鳥は果物を食べてくれずタネが運ばれることもないでしょう。
そのため、果物の実には危険なものが少ないのです。

逆に、果物のタネの部分には身体に毒となる成分が含まれているものが多いそうです。
フンと一緒に撒かれる前に殻を潰されてしまっては元も子もないので、噛み砕かれないように毒性を含んでいるんですね。
(本能でそれを知っていて、噛み砕かない鳥や動物たちもスゴイなぁと思いますが)

以上のことから、果物をあげるときはタネを与えないように注意することが必要です。

 

ミヨちゃん
ミヨちゃん
タネだけ噛まずに飲み込むなんてスゴイね
ふふん、先代の知恵ってやつね♪
ピーちゃん
ピーちゃん

 

一方野菜は、動物に葉や実を食べられてしまっては成長することができません。
種(しゅ)を存続させるためには、動物に食べられないように防御する必要があります。
そこで、毒性を含んで食べられないように自衛しているものが多いのです。

安全面だけを考慮すると、野菜よりも果物のほうが問題なく食べられるものが多いということになります。
但し、鳥にとって致命的なアボカドは果物に分類されますので、そこだけは気をつけてください。


※人間にとっては栄養があっても、鳥にとってはとも危険なアボカド。
間違って口にしないように気をつける必要があります

 

まとめ

・飼い鳥は、野生下で生活している同種の鳥と同じ食事はできない
・与えているものはすべて代替物
・代替物を本来の食事に近づけるには、まんべんなく栄養素を与えることが必要
・安全性が高いのは野菜よりも果物

如何でしょうか。
飼い鳥に与えている食事はすべて代替物。
言われてみれば確かにそうですが、なかなか気が付きませんよね。
鳥にも、人間と同じバランスの良い食事をさせることが欠かせないのです。